ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
    つたなくも日本を見つめてみる。
    新年、明けましておめでとうございます。
   いつも当ブログをお引き立ていただき、本当に有難うございます。
   これからも皆様からのメッセージに元気をもらっちゃおうかなぁ~、(ちょっと甘えたこと言ってます)
   本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

   世界的にも、国内的にも、はたまた個々人にとっても、2010年とは
   大きな意味のある一年になるのではないでしょうか。
   近年は概ね下向きな変動を見せている社会の情勢を各々の立場から感じ取り、
   それぞれが行動を起こしてゆくことが大事になりそうです。
   引きこもり型の社会が拡大してゆくのでは面白くないですし、将来性がありませんよね。
      
   新政権による政治が始まった日本には当面、クリアせねばならない難題が山積の状態。
   「豊かな国・日本」」「平和大国・日本」と声を大にして言えた時代は過ぎ去り、今後早々に向けての
   賢明かつ迅速な舵取りが必要不可欠のときを迎えました。
   戦後復興後の高度成長期からバブル景気とその崩壊、結果的に格差拡大を生み出したとされる
   金融主導型社会とその凋落(いわゆる「100年に一度の不況」)、という流れの“ど真ん中”走った
   「団塊」と定義される世代およそ800万人(推計)がすべて還暦を迎えたことになります。
   日本における平和のスタンダードが姿形を変えるときが訪れているのでしょうね。
   これまで大方のベースは、学生卒業→安定就職→終身雇用→退職金受給→リタイア生活という
   ひとつのモデルがあり、それに対してどれだけの超越や逸脱があるかによってスタンダードとの比較
   が成されてきたと思います。
   1億3千万人を目指すかのように増え続けてきた人口は、生まれてくる人数が亡くなる人数を下回る
   ようになった2005年を境に減少の途をたどっています。2050年までにはいよいよ1億人を切るとの
   試算があります。高齢化には歯止めをかけることが難しく、昭和前期(1940年代頃)には3人に1人
   が15歳以下の年少人口だったものが、現在は7人に1人の水準を超えてきています。数10年内には
   10人に1人の割合になるとも予想されています。仮に、近い将来に第三次ベビーブームがやってきた
   としても、経済学上の理想の範囲内に収まる年少人口割合である5人に1人の状態を取り戻すのには
   100年ほどかかると言われています。
   
   シンプルに言うと、団塊周辺世代の人々はプラス5~6千万円のグループです。税金や保険料などを
   支払った金額よりも、年金受給などを含めた受け取る金額のほうが上回る最大の世代なのです。
   我々の世代はともかく、これから社会に出ようという世代に至っては、今のままではマイナス3~5千万
   円になるとも囁かれています。無論、その状態を国家や国民がキープできるとは思えません。
   話は多少飛びますが、単純に考えると、モノの価値が下がるしかありません。デフレはとっくに始まっ
   ていますが、物価下落はすなわち労働の価値を下げ、社会全体の価値を下落させることにつながって
   しまいます。ただ貨幣価値とモノの価値は相対的な関係にあるのが正常なはずで、デフレの進行具合
   と、個人の手に届くお金の量とのバランス度合は、今後デリケートになっていきそうですよね。キッカケ
   があれば一転して急激なインフレに振れてしまうことだってあるでしょうから。
 
   かつての人口や年齢構成をパッケージとした社会システムが現在から今後にフィットするはずもなく、
   その点への計画的な対応が遅れてしまったのが日本の現状なんですね。やはり人間は「いい時代」を
   過ごしてしまうと見通しを甘くしてしまう性質があるようです。それは当たり前だったと捉え、いかに次代
   への対処とその遂行ができるかがキーとなり、逆に有望な可能性を秘めた部分でもありましょう。

   つづく。       いや、続くかどうかは評判次第ですかね・・・ 
[PR]
by h_arima3 | 2010-01-02 06:02 | Football総合
<<     休まない。     「新」 >>
以前の記事
2013年 09月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム