「ほっ」と。キャンペーン
ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
ほんの一瞬だけの喜び。
  
  世界陸上が終幕しました。
土曜日に行われた男子マラソンでは、尾方 剛選手が銅メダルを獲得し、日本記録保持者の高岡寿成選手が
4位に入りました。(奥谷 亘選手:14位 入船 敏選手:20位 細川道隆選手:48位)

 ただひたすら、走る。42kmをひたすら走る。練習でも走る走る走る。
本当にこの競技にはいつも、気が遠くなる思いを抱きます。スポーツであるという共通点はありますが、到底
僕にはできないし、遠くかけ離れた部分にあります。だから、選手の方々に対しては、尊敬という言葉では言い
表せない感覚があります。
 アテネオリンピックの男子マラソンで、6位に入った諏訪利成選手(日清食品)と先日、電話でお話しする機会
がありました。(諏訪さんとは3年前に、駅伝の取材を通じて知り合いました。)
 
 諏訪 「有馬君、その後順調に頑張ってるの?」
  有馬 -TBSを辞めて1年以上経ちますけど、まぁぼちぼちいい感じです。
 諏訪 「でも楽しいことも、なかなかないもんね。」
  有馬 -えっ諏訪さん、調子は良くないんですか?
 諏訪 「って言うかやっぱり、何もかも思い通りに行くのって難しいからね。」
  有馬 -あ、そういう意味でね。毎日練習、大変ですもんね。
 諏訪 「また頑張って調子上げて行くよ。ほんの一瞬だけの喜びのためにね。」
  有馬 -喜んでる時間って、ホント短いですよね。
 諏訪 「そうでしょ、あとは苦しかったり、疲れたりすること多いじゃん。」

   『ほんの一瞬だけの喜びのため』 この言葉が妙に心に残りました。
 
 ちょっとした喜びには、日々のなかでしばしば出会えるかもしれません。でも本当の喜びっていうものには、
なかなか巡り会えないものです。
 
 「人間、本当に嬉しいとき、念願の思いを達成したときは両手を挙げて喜んだりしないんです。
ただ、泣き崩れるんです。」
 京都大学アメリカンフットボール部の水野弥一監督がおっしゃってました。

 自分にもそんなときが来るのかな。その一瞬はどこにあるのか、まだわかりません。
 
 
 ちょっと堅い話になりましたが、最後に写真を。d0003671_914137.jpg 
 
 
 先日、大阪で行われたMBSオーサカキングでの
アメリカンフットボール教室イベントに、生徒代表と
して参加してくださった大阪プロレス所属のレスラー
ツッコミマスクさんと。

  耳が餃子で、ほっぺたはナルトです。
[PR]
by h_arima3 | 2005-08-15 09:21 | Football総合
<<   IRONMAN!  もろもろ (@8月11日・木... >>
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム