ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
    忘れられない言葉シリーズ 第1回
   心に深く刻まれて、いつまでも鮮明に記憶に残る言葉ってありますよね。
   新しい記憶が続々と積み重なってる来るのに、決して消えることない・・・
   
   とりあえず、今日は第1回ということで、ひとつご紹介します。

   あれは、小学校5年生のとき。
   地域の少年野球チームのコーチに言われました、
   「わし、お前のいつもニコニコしてんの一番嫌いやねん!」

   10歳だった私が、30ほど年上のコーチに気持ちを込めて言われました。
   頭のなかは混乱しましたね。特に怒られた流れのなかで言われたわけでなく、
   練習の合間に不意に浴びせられたので動揺しました。
  
   一番嫌い、、、ということは、他にも嫌いな面がある中でも一番嫌いな部分ってこと??
   とか考えたりしましたね。子供心には寂しかったですけど。
   
   でも、この言葉は、のちの私に少なからず影響を与えました。
   「何を笑ってんねん!真剣にやれや!」と言われるよりも、ずっしり響きましたから。
    
   たしかに、いつもニコニコする子だったかな。(ヘラヘラとは違うつもりだったけど)
   あの当時の私は、完全に逃げ腰の少年。サウスポーだからピッチャーを任されて、
   ある程度は投げるんだけども、バッターが立つと、まったくインコースに投げられない。
   バッターから遠くへ遠くへボールを置きに行くように投げていました。
   打たれる、フォアボール、また打たれ、またフォアボール・・・・、デッドボールなんて
   ありえませんでした。いま思えば、ホントに情けなかった。。。
   気の強い子から見たら、イライラしたでしょうね。
   
   いまでこそ、こんな風に書けますけど、当時の私は悩みに悩んでいました。
   でも、無駄にカッコつけたいというか、別にビビってないよ、みたいに見せたかったのも
   あったのかな。そんなときにあの言葉をいただきました。
   コーチとしては、どんな意図があったのか(ただ嫌いだっただけだったりして・・・)、
   定かではありませんが、
   あのとき初めて、「やってやる!見とけ!あなたの前では絶対に笑わないから!」
   って心の中で熱くなるものがありました。それはそれは、初めての感覚でしたね。

   自分のなかに、ひとつの新しい機能が生まれたような感覚、よく覚えています。

   
[PR]
by h_arima3 | 2012-03-06 23:59 | Football総合
<<    祖母が米寿に。     コメントにコメント V... >>
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム