ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
  IRONMAN!
 
  前回の「ほんの一瞬だけの喜び」、そして前々回に触れた金本選手の1000試合連続出場で
思い出したのですが、、

d0003671_21233170.jpg
 この「忍耐」という言葉。
 2年前、ぼくが初めてTBSラジオのプロ野球中継を担当したときに 
解説者としていらっしゃった、元広島カープ・衣笠祥雄さんに書いて
いただいたものです。
 初実況の記念にとお願いしたのですが、そのときはあまりにも重み
のある言葉をいただいて、身が縮まるような思いでした。
 どんなケガをしても、2215試合連続出場という世界記録を達成さ
れた衣笠さんだからこそ、この言葉が書けるのだと思います。
こんな重い言葉を書ける人ってなかなかいないと思うんです。もちろん僕も恐れ多くて書けません。。。
 数え切れないほど多くの思いや気持ちが詰まってるんだと思います。
「これから頑張ってね。」と笑顔で僕に言って下さったのを覚えています。
この文字を見るたびに気が引き締まるというか、あきらめないでやろうという気持ちになれます。
 ただのサインボールではなく、すごく大きな力を持った大事なボールです。


 話は変わりますが、西浦達雄さんという歌手をご存知ですか?
関西の方のほうが馴染みはあると思いますが、僕は20年ほど前から好きなんです。
 これ以上ないくらい「熱い」、メッセージソングを歌われてきた方なんですが、関西圏ならABC(朝日放送)の
高校野球中継で耳にされた方も多いのではないでしょうか。エンディング曲を作り続けて19年だそうです。
 子供の頃に「いいなぁ」と思った強烈な印象と、憧れていた高校野球「甲子園」の思い出とが、一緒に蘇って
くるような感覚があり、よく聞いています。ちょっとだけ詩をご紹介してもいいですか。 
 
 ~「迷わずに」 作詞/作曲/編曲 西浦達雄

何ひとつ飾らずに 何ひとつ答えを出せずに でも 互いに許し合える 
同じ季節と時間を生きてきた 壊れそうな勇気のかけらと 激しい風におびえながら

ためらわず 迷わず 想いのまま 胸の炎絶やさず 走り出せばいい
それがどんなに遠く苦しくても きっといつか かなうと信じ続けてきた

君の夢が遠ざかって もしも くじけそうになった時には
風に耳を澄ませばいい 目を閉じていれば聞えてくるはずさ 幼い頃夢見た あの君が

 焦らずに ひたむきに 諦めずに 憧れが悲しいほど 素直になればいい
 いくつもの悔しさや苛立ちさえ 届かずにいた あの夢追いかけていくよ

 もがいて つまずいたりして 君が 倒れそうになった時にも
 いつでもいつだってそばには そうさ 君がいるきっと聞えてくるはずさ 
 幼い頃夢見た あの君が
[PR]
by h_arima3 | 2005-08-18 22:08 | Football総合
<<  サムライの行方は・・・ ほんの一瞬だけの喜び。 >>
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム