ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
  10年越し。(前編)
  
  1994年の1月3日、僕は初めてライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権)を観戦
しました。学生日本一と社会人日本一が対戦して、真の日本一を決めるゲーム。
  関西学院大学vsアサヒビール シルバースターという対戦でした。試合は終盤に逆転した
関西学院が勝ったと思われたのですが、劇的な再逆転で試合を締めくくったシルバースターが
28対23で勝利しました。
  そのとき、ドラマティックな最後の攻撃を猛烈な集中力で率いていたのが、シルバースター
のエースQB(クォーターバック)東海辰弥さんでした。前年に大阪の箕面高校でアメフトを始め
たばかりだった僕は、この試合の東海さんの動きをビデオで何度も見ました。
  数日後にNHKのスポーツ番組に出演された東海さんが、その逆転劇を振り返って、プレー
の解析や心情の動きについて話されているのを聞き、フットボーラーとして、QBとしての大事な
心得というものを強く感じました。
 「とにかく、頭を使わなければならない。」東海さんの言葉が僕のひとつの転機となり、その日
から僕はフットボールを学ぶことに明け暮れました。
 いかにボールを進めるか、いかにパスを通すか、いかに勝つか。学ぶことにより、チームが、
そして自分が生まれ変わると信じていました。

  高校1年・2年のとき、試合に勝つことを全くといっていいほど経験しなかった僕は、同学年の
チームメイトと「最後の年は絶対に勝とう。強いチームを倒したい。」と話していました。
  よく考えて戦えば、勝てる。そう信じていた僕らは、日夜知恵をはたらかせて、案を持ち寄り、
勝つ術を練り続けました。選手個々の役割徹底や対戦相手の研究など、それまでやってこなか
ったことを思い切ってやりました。
  そして1995年、箕面高校にワンダーイヤーが訪れます。いままで勝てなかったチームが
重ねる勝利に周囲は驚き(自分たちも驚きましたが)、どうしても倒したかった私立の強豪にも
勝つことができました。年間13勝を挙げた箕面高校が上り詰めた関西の決勝戦、その相手は
フットボールの超名門・関西学院高等部でした。11月23日(ちょうど10年前ですね)、雲の上
の存在だったチームとの対戦を迎えます。
  
  11月21日、試合の2日前のことでした。箕面高校に、1枚のFAX が届きました。

                                              (後編につづく)
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-24 01:29 | Football総合
<<   おしらせ。 大阪長居の陣、... >>
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム