ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
   北の3年。
  
    「これからはメジャーじゃありません。セ・リーグでもありません。。パ・リーグです!

d0003671_0104474.jpg   3年前の言葉を、その約束を守った男 SHINJOが日本一を
 掴んだ試合で引退しました。
  試合が終わり、監督インタビュー、MVPインタビュー、表彰式
 などなどが行われ、どれだけ時間が経っても、満員の札幌ドー
 ムのスタンドからお客さんが消えない。
  初めてプロ野球チームが降り立った街は、3年という短期間で
 信じられないほど変わりました。その大きな熱が冷たい海を超え
 日本中を温めました。 このブログ内でも先月お話ししましたが、
 この3年での札幌の変貌ぶりは感動的なものでした。
   札幌ドームのスタンドの座席は濃い灰色に統一されているため、空席が目立つと非常に
  冷たい空気を感じてしまいます。しかし、今や札幌ドームほど熱い場所は他にありません。
   
d0003671_011113.jpg   自分を目立たせることによって、自らの多くを犠牲にも
  しながら、チームの魅力をアピールして、チームの野球を
  レベルアップさせた新庄選手。 まだ新庄選手がメジャー
  リーグにいるころ、観客も少なく、勝てなかった東京本拠
  時代に日本ハムファイターズの面々から感じた少年のよ
  うに野球を楽しむ雰囲気。
  それを最大限引き出し、なおかつ強いチームに生まれ
  変わるための動力を新庄選手が与えてくれましたね。
   
    「ヒルマン監督を胴上げするのはもちろん、ツーさんを
  胴上げしたいと思います。」 パ・リーグ制覇達成の直後、
  小笠原道大選手が言いました。現在の日本最強ヒッター
  であり、照れ屋で硬派な彼の口からこの言葉が出て、また
  それが現実になったことに感激せずにはいられませんでした。

   引退することを決めた年に、日本シリーズ優勝をもってユニフォームを脱ぐ。出来すぎた
  マンガのようなストーリーだと本人も言っていましたが、新庄選手は「王・長嶋」を凌ぐ英雄
  になったのかもしれないですね。ウイニングボールが愛弟子の森本選手のグラブに収まる
  あたりも粋な感じですね。 
   一時はチームを離れてしまった金村投手【日本一の歓喜の輪に入って欲しいと、僕もさん
  ざん語りました(^^)】も4戦目に先発登板して勝利。「金村を誇りに思う」と、ヒルマン監督。
   2年目のダルビッシュ投手、ルーキーの八木投手、武田投手。移籍組の稲葉選手や岡島
  投手など新しい戦力が即刻活躍するのは、チームの雰囲気がいいことの証明ですね。
   本当の意味での「楽しい野球・楽しいスポーツ」を見せてもらえた気がします。
  
[PR]
by h_arima3 | 2006-10-27 00:30 | Football総合
<<   GAME WEEK 5    日本が勝つ『W杯』 >>
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム