ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
    FROM LOCKER ROOM
d0003671_21154357.jpg
  練習場のロッカールーム。
これから練習着に着替えてグラウンドに出ようと
いうところです。おしりが出てる人がいますけど、
お気になさらず。 おしりにテーピングを貼ってま
すね、貼ってあげるトレーナーも大変です。


d0003671_21241451.jpg 





     ひとり分のロッカーの幅はこれくらいです⇒⇒⇒
  高さはこの4倍あるので、充分なスペースです。
 (ちなみに私のロッカーです。靴箱を小物入れにしてます。
  SUPER MILD SHAMPOO & RINSE あります。)

    
    話は変わりますが、
   昨年11月に、朝雲新聞さんに寄稿させていただいた短文をここでご紹介します。

    『アメリカンフットボールがくれた気持ちの強さ』 ~前編~

  少年時代は本当に弱気な子供でした。友達に対して腹が立ってもなかなか文句を言えず、ましてや手を
 出すことなどできず…。何よりもスポーツが大好きで、小学校時代は少年野球に励みました。サウスポー
 (左利き)だったこともありピッチャーに任命されましたが、弱気な性格が災いし、打者の内角にボールを投
 げ込むことが全くできませんでした。 挙句の果てはフォアボールを連発してピッチャーをやめさせられると
 いう悔しい事態に。
  進学した中学校には野球部がなかったため、顧問の先生に誘われるがままバスケットボール部に入る
 ことにしました。想像以上に厳しかった練習に耐え、身体能力は向上、シュートも正確に打てるようになり
 ました。練習態度が評価されて副キャプテンを務めることになったのですが、試合では相手チームの選手
 に対して強気に向かっていくことができず、攻撃でも守備でも消極的なプレーばかりを繰り返してしまい、
 結局はベンチウォーマーに徹することに。
  この頃にはさすがに、自身の不甲斐なさに憤りを感じるようになっていました。いつも強気でいられる人間
 のことをうらやましく感じたものです。     ~後編につづく~
[PR]
by h_arima3 | 2008-06-04 21:47 | Football総合
<<    YU NAKAJIMA     CLASSY.さん >>
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム