ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
      KAMAKURA 2008
d0003671_357964.jpg  
   鎌倉に夏の到来を知らせる
 「鎌倉ボウル」 6回目の開催となります。

 6月22日(日)、
 鎌倉のアメフトが熱く燃える一日です。
 老若男女が集結します。
 詳しくは下記・鎌倉ボウルHPを!
 http://home.k00.itscom.net/lazarus/bowl.html 
 私も毎年、会場にお邪魔していましたが、
 今年は自分の試合と日程が重なるため、
 行くことができません。無念です。

 お近くの方は是非、会場を覗いてください。
 入場無料の和気藹々イベントです。



    ちょっと、間が空きましたが、
  『アメリカンフットボールがくれた気持ちの強さ』 ~後編~ です。(昨年11月、朝雲新聞さんへ寄稿)

    私が育った大阪府の北摂地区は、全国でも特にアメリカンフットボールが盛んな地域でした。
  受験する可能性があった5~6つの高校(公立、私立ともに)の全てにアメリカンフットボール部が存在して
  いました。ヘルメットをかぶり防具を装着して思い切りぶつかり合う競技。入学してすぐに校庭で練習をする
  先輩たちの姿を目にし、「これだ。」と思いました。相手と体をぶつけ合わないことには、何も始まらないスポ
  ーツ。弱気だった自分をその環境に置いてみようと考えたのです。
    最初は恐怖心との格闘でした。先輩たちとぶつかるたびに、何度も吹っ飛ばされそうになり、痛い思いを
  重ねました。「いつか強くなれるかな?やっぱり難しいかな。」 そんなこと考えながら初めて練習試合に出た
  時のこと、ボールを持っていたら、いきなり相手の選手に強力なタックルを見舞われて、気が付いたら目の前
  には地面の土。一瞬にして倒されたのです。「よりによっていきなり物凄いタックルを食らったもんだ。」と思っ
  ていたら、私を倒したそのタックラーが自分と同じくアメフトを始めたばかりの一年生だと試合後に知り、私は
  ハッとしました。「ほんの2か月ほどで、すでにこんなにも力強くプレーできるヤツがいる…、負けてられない」 
  強くそう感じた私はその日以降、タックルしにきた相手に対して受け身にならず、向かっていくことに挑戦しま
  した。恐怖心に打ち勝って、怯えずに強気で勝負を仕掛けること。ひとつのタックルが、その感覚を私に授け
  てくれたのです。 
[PR]
by h_arima3 | 2008-06-12 06:55 | Football総合
<<    シートベルト    YU NAKAJIMA >>
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム