ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 霜月終了。
  d0003671_19231853.jpg
  西向く、サムライ。―
  霜月が終了です。

  勝負の横浜で迎える“その時”まで、あと3日。
  ワクワクとドキドキの共存です。

  X リーグ 2005 FINAL6 準決勝 
      アサヒビール シルバースター  vs  オービック シーガルズ 
               12月3日(土) 13時キックオフ @横浜スタジアム
     
     勝利を目指して死力を尽くして頑張ります。
    この対戦の見所はコチラで。⇒ ゲームの見所 
     ご声援よろしくお願い致します。ぜひスタジアムにお越しください。       
  
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-30 19:13 | Football総合
  10年越し。(後編)

  “1枚のFAX” その内容は「KG(関西学院)に挑む心得」というものでした。
  自分たちよりも優れていると思われる相手に対して、立ち向かうための準備の方法が書いて
ありました。送り主は Tatsuya Tokai 東海辰弥さんでした。
  まさか東海さんからメッセージをいただけるなんて思ってもいませんでしたから、それを読む
ときは、妙にドキドキしていました。
  京都大学に入学し、アメリカンフットボールを始めた東海さんにとって、関西学院大学は当時
最強のチームで、倒したくてたまらない存在でした。どうやって関学を倒すのか、常に頭の中で
考える日々だったそうです。
  関学を倒して、京都大学で日本一を2度経験された東海さんは、関学高等部に挑む我ら箕面
高校に当時のご自身を照らし合わせ、アドバイスを下さったのです。
  「QB(クォーターバック)に必要なこと」というテーマのメッセージもいただきました。
その中の『繊細かつ大胆、理論的かつ感性を大事にする』というフレーズは強く心に響きまた。
僕自身、QBとしてその考え方を今日まで常に持っています。悩んだときにはいつもその言葉を
思い出してきました。
  いただいたFAXは額の中に入れて、実家の部屋に今も飾ってあります。

d0003671_10265959.jpg
つい先日、実に10年の時を経て東海さんと
初めてお目にかかりました。
 現在はフットボール界を退かれていますが、
シルバースターの大先輩QBですから、いつか
お会い出来ないかなと思っていました。
 お話していると、とてつもない精神の強さや
大胆さを感じ、「怪物くん」と称されたその所以
が理解できました。
 いわゆる「空気」というものを持ってらっしゃい
ました。何かを変えそうな、周りを動かしそうな
強い力を持った空気です。
  

  箕面高校にFAX が届いてから2日後の11月23日、いよいよ関西学院高等部との対戦の日
が来ました。箕面から大応援団がスタンドに陣取り、名門に対し申し分ない環境で戦いました。
  開始直後に先制点を取り、その後もチームメイトみんなで力一杯のフットボールをしました。
しかし、徐々に試合巧者の相手が流れを持っていき、遂に後半に逆転を許しました。
  これまで、数え切れないほどの試合を経験してきましたが、「もう一度やり直したい試合」を
挙げると、一番にこの1995年11月23日が浮かんできます。僕の判断をひとつ変えていれば
勝っていた。。。 あの瞬間に戻りたいです。

  いつになっても忘れない日です。
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-28 07:49 | Football総合
  おしらせ。
  
  後編に行く前に、お知らせです。
  
  完全無料パソコンテレビ GyaO (ギャオ)にて、X リーグの特集が組まれています。
  FINAL 6(決勝トーナメント)から日本一を目指すドキュメントが放送されます。わがチーム
 アサヒビール シルバースターを中心に作られるドキュメント番組の予告編(9分)が現在公開
 されています。かなり見ごたえありますよ!すごいです。
   
  ぜひ、ご覧下さい。 コチラ ⇒ http://www.gyao.jp/sports/
   
  さらに!
 先日お伝えしましたCS放送スポーツ・アイ ESPNのドキュメンタリー「Movin'you Honda
 (初回放送11月18日、再放送15回・12月2日まで随時)
  ESPNがどうしても見られないという方もいらっしゃると思います。番組HPではダイジェストを
 紹介していて、膨大な量の僕のインタビューがUPされています。こんなに詳しくUPされるとは
 思ってなかったです。すごいです。一字一句変えずに掲載されています。
  よかったらどうぞ。
    ・ダイジェストのページ ⇒ http://www.movin-you.com/sports-i/this/daijest.html
    ・インタビューのページ ⇒ http://www.movin-you.com/sports-i/this/taidan.html
    ・Who's Whoのページ ⇒ http://www.movin-you.com/sports-i/this/who.html
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-25 20:02 | Football総合
  10年越し。(前編)
  
  1994年の1月3日、僕は初めてライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権)を観戦
しました。学生日本一と社会人日本一が対戦して、真の日本一を決めるゲーム。
  関西学院大学vsアサヒビール シルバースターという対戦でした。試合は終盤に逆転した
関西学院が勝ったと思われたのですが、劇的な再逆転で試合を締めくくったシルバースターが
28対23で勝利しました。
  そのとき、ドラマティックな最後の攻撃を猛烈な集中力で率いていたのが、シルバースター
のエースQB(クォーターバック)東海辰弥さんでした。前年に大阪の箕面高校でアメフトを始め
たばかりだった僕は、この試合の東海さんの動きをビデオで何度も見ました。
  数日後にNHKのスポーツ番組に出演された東海さんが、その逆転劇を振り返って、プレー
の解析や心情の動きについて話されているのを聞き、フットボーラーとして、QBとしての大事な
心得というものを強く感じました。
 「とにかく、頭を使わなければならない。」東海さんの言葉が僕のひとつの転機となり、その日
から僕はフットボールを学ぶことに明け暮れました。
 いかにボールを進めるか、いかにパスを通すか、いかに勝つか。学ぶことにより、チームが、
そして自分が生まれ変わると信じていました。

  高校1年・2年のとき、試合に勝つことを全くといっていいほど経験しなかった僕は、同学年の
チームメイトと「最後の年は絶対に勝とう。強いチームを倒したい。」と話していました。
  よく考えて戦えば、勝てる。そう信じていた僕らは、日夜知恵をはたらかせて、案を持ち寄り、
勝つ術を練り続けました。選手個々の役割徹底や対戦相手の研究など、それまでやってこなか
ったことを思い切ってやりました。
  そして1995年、箕面高校にワンダーイヤーが訪れます。いままで勝てなかったチームが
重ねる勝利に周囲は驚き(自分たちも驚きましたが)、どうしても倒したかった私立の強豪にも
勝つことができました。年間13勝を挙げた箕面高校が上り詰めた関西の決勝戦、その相手は
フットボールの超名門・関西学院高等部でした。11月23日(ちょうど10年前ですね)、雲の上
の存在だったチームとの対戦を迎えます。
  
  11月21日、試合の2日前のことでした。箕面高校に、1枚のFAX が届きました。

                                              (後編につづく)
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-24 01:29 | Football総合
大阪長居の陣、クリア。
   
   試合は第3クォーター途中で、7 対19 でリードされていました。そこから逆転で勝利!
次のSTEPに進めることになりました。
  
   X リーグ 2005  FINAL6 1st Round

          アサヒビール シルバースター 22 - 19 アサヒ飲料チャレンジャーズ

  チームとしてはAWAYの大阪・長居でしたが、相手側よりもスタンドのお客さんは多かったと思います。
ほんとに有難うございます。関東ほか遠方から駆けつけて下さった方々、そして長居でのゲームを心待ち
にして下さっていた関西在住のみなさん、おかげさまで我々は前進できます。ありがとうございます。
 僕がプレーした前半の場面で、得点のチャンスがありました。お気づきの方はなかなかの通だと思い
ますが。あの場面で得点していれば、試合展開がもっと楽だったかもしれないというのが僕の反省です。
 しかしながら12点のビハインドからの逆転が現実となり、喜びも大きかったです。野球で言うと5点差から
逆転ぐらいですかね。

  さぁ、次戦は12月3日(土)の横浜スタジアム vs オービック シーガルズです。
今年6月13日のパールボウル決勝(東京ドーム)では 2 対27で敗れました。過去13年間の長きにわたり
シルバースターはシーガル戦の勝利がありません。胸を借りるつもりでぶつかっていきます。
 寒さが増すスタンドで、最後までご声援をくださったみなさま、他方より勝利の念を送って下さったみなさま
有難うございました。次も頑張ります。
d0003671_1534214.jpg試合前夜、コンディショニングのため宿舎近くの
ミニ温泉に出掛けました。
 氷風呂という極冷の浴槽に、頭上から水が落ち
てくる場所がありました。
 「じゃぁキャプテン、打たれてください。」と言って
みると、勇気ある主将・橋詰選手(写真中央)は、
一瞬の躊躇のあと、いわゆる滝修行状態に。
 「お前らも、これやっといたら明日勝てるぞ!」
続いて、黛 選手(写真右)が滝の下に。 そして、
僕も気合で冷水に打たれ、修行完了。
「これで、明日は勝ったわ。」と、まったく根拠の
ない自信をつけた3人でした。(^^)

           
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-21 02:04 | Football総合
  DEPARTURE! 
   d0003671_4481435.jpg
  では、大阪に移動します。
 日曜日の天気予報は当初、傘マークが出ていましたが
消えました。当日は寒すぎず良い気象条件になることを
望みます。やっぱプレーするのも、観るのも、好天が一番。
 11月5日の vs鹿島ディアーズ に勝って得たこの機会、
ものにするしかありません。
 チームは一戦必勝の体制を崩しません。
ゲームセットの瞬間に、勝利が手中にあることを信じて、
NEXT STEP へ進みたいと思います。

                        X リーグ 2005  FINAL6
          アサヒビール シルバースター vs アサヒ飲料チャレンジャーズ
                                  14時キックオフ @大阪・長居球技場
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-19 11:25 | Football総合
 The Smell of Winter.
   
   smell of winter という表現があるかどうか知りませんが、冬の匂いがしてきました。 
 グラウンドで練習を見ている監督やコーチがどんどん厚着になってゆくのを見ると、あぁ冬が
来るなぁという気持ちになります。冬が深まって、どんなに寒くなっても半袖で練習する選手が
どのチームにも存在しますが、その姿は見てるだけでも寒いものです。
 d0003671_2553410.jpg
 テニス界の妖精マリア・シャラポアが表紙を飾る
月刊スポーツ情報紙(無料)「Spopre」の対談に
参加させていただきました。
 主にコンビニampmに置いてあります。
先日は「R25」に登場させていただきましたが、今の
時期はFINAL6(決勝トーナメント)の前ということで
こういう機会が多いですね。

 d0003671_310137.jpg 
 今回は X リーグの選手5人での対談でした。
 レジー・ミッチェル選手(オンワード スカイラークス
 加藤祐一選手(アサヒ飲料チャレンジャーズ
 岡村幸太郎選手( IBM ビッグブルー
 ケビン・ジャクソン選手(オービック シーガルズ
そして、僕(アサヒビール シルバースター)というメンバー。
国際色豊かでした。よかったら読んでみてくださいね。
 最後に5人並んで撮った写真なんですが、、、
なんかのグループみたいで、いまにも歌い始めそうな
感じじゃないですか(^^);
 記事のなかの僕の発言のうち、ひとつだけ訂正しておきたい箇所があります。
― 以前、アメフトは、関京戦が視聴率20%取ったり..........― (続く)
 という部分。関京戦とは関西学生アメフトリーグのライバル対決、関西学院大vs京都大学の
略称です。かつて(80年代後半~90年代前半がピークかな)西宮スタジアムに4万5000人
という大観衆を集めた実績があります。プロ野球の阪急ブレーブスが日本シリーズに出場した
ときでも4万5000人は入らなかったそうです。
 で、視聴率の話ですが、最高で15%強を記録しています。その他にも10%を何度か超えた
そうですが、さすがに20までは届いていません。対談中も「10%以上を取った」と言ったつもり
でしたが、、、、僕がはっきり喋らなかったのがいけませんでした・・・・。

 
  僕は極力厚着をしないほうです(話が急に戻りますが)。体が重くなる気がしませんか?
寒いと思って厚着して、電車の中や店に入って暑くなって汗をかくのがいやなんですよねぇぇ。
 上着を脱いで手に持つのは不便だし、車の窓は曇るしね。そういう意味では春が待ち遠しい
気もします。でも寒がりではありません。
 アメフトの大きなゲームは、常に寒い冬場に行われるもんなんですよね。
試合中は自分のチームのベンチエリアが、ひなたにあるのと日陰にあるのは大違いです。
 
  NEXT STEP
Novenber 20th 2pm at Nagai stadium(Osaka)
Asahi Beer SILVER STAR vs Asahi Soft Drinks CHALLENGERS
 
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-18 00:31 | Football総合
   Playoff Week 1
  d0003671_110799.jpg  
  今年の夏、アメリカのニューイングランド(東部 6州)を
訪れました。本場のアメフト最高峰リーグNFLを連覇中の
ニューイングランド・ペイトリオッツの本拠地(右の写真)
ジレットスタジアム(Gillet=剃刀メーカー)にも行きました。
 冬場は降り積もる雪の中で、名場面を生み出します。 
それは言うまでもなく素晴らしいフットボール専用施設で
ホントに羨ましい気持ちになりました。
 一度でいいから、あんなところでプレーしたいですね。
スポーツ文化先進国には良い施設が山ほどあります。
◆マサチューセッツ州 フォックスボロ:6万8756人収容

 さて、X リーグ・FINAL6(決勝トーナメント)の一戦目まであと5日になりました。
我々にしてみれば、ここで負けたらFINALに進出していないのと一緒。勝って日本一に近づく
ために、心を決めて大阪に乗り込みたいと思います。

       X リーグ2005 FINAL6 ~1st Round~
 
   アサヒビール シルバースター vs アサヒ飲料チャレンジャーズ
              11月20日(日)   @大阪・長居球技場 14時キックオフ
 
  長居球技場といえば、いろんな思い出があります。
 1994年11月・関西学生アメフト、立命館大学vs関西学院大学の試合をスタンドで見ました。
前年の王者である関西学院に対し、QB東野 稔選手(現アサヒビールシルバースター)率いる
立命館攻撃陣がスリリングにアタック。当時、高校2年生の僕は一進一退の息が詰まる攻防に
釘付けになりました。その日の長居は超満員で、多くの人がやむを得なく立ち見になり、会場に
入れないお客さんもいました。
 翌年は西宮スタジアムに場所を移し、4万人以上が見つめた好カードでした。
 
 1996年9月・関西大学vs関西学院大学 大学1年生だった僕が初めて出場した試合です。
d0003671_2402715.jpg まさか1年目から起用してもらえるとは思ってもいなかったので、
嬉しい気持ちと不安のなかでプレーしました。
 かつてはスタンドで見ていた自分が、フィールドでプレーしている
という不思議な感覚が記憶に残っています。
 そのときに使ったシューズは、僕の中で殿堂入りしています。
 
 残念ながらメインだった西宮スタジアムは既に取り壊されましたが、
長居球技場も関西学生リーグ独特の雰囲気を思い出す場所です。    
     
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-14 13:40 | Football総合
 数ある金曜日
  d0003671_10415170.jpg
  出社後に食べる今日の2食目(僕は1日6回の食事が基本で、
 1食あたりのボリュームは通常の半分)です。
  千切りのキャベツを買ってみました。野菜は大事なのでね。
 もちろんキャベツだけ食べて終わりじゃないですよ(^^)
  これは「とんかつ屋さんのキャベツ」だそうです。ホンマかな。
 キャベツおかわり自由が基本ですよね。
  千切りキャベツは、マヨネーズではなくソースで食べる習慣が
 ありますが、これは普通じゃないのかな。

 おっと、キャベツの向こうに見えるのは、なんと以前このブログでもご紹介した 弊社営業部いち押しの
若手のホープ、小泉純一郎首相ことM君ではないですか! 近頃は仕事の調子も良さそうで、何よりです。
改革は着実に進んでいるようです。チルドレンが欲しいときもあるようです。
 
 今日はカジュアルフライデーだし、多少ゆっくりしたいなぁ・・・と思っているところですが、そうもいかない
もんですよね、これが。
 六本木ヒルズに入っているの企業の社員のうち約8割が、ノータイもしくはカジュアルスタイルだそうです。
しかし、よそ様のオフィスにお邪魔するときなどは、スーツじゃないと落ち着かない気もします。
 でも、ヒルズ族にはちょっと憧れるなぁ。ちょっとだけね。
 
 曇ってて、少し寒いですね。仕事頑張りましょう。 
 
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-11 11:15 | Football総合
   年越しは如何に??
   各チームがレギュラーシーズン5試合をを終えて、X リーグ FINAL6に入ります。
このFINAL6とは、リーグの成績上位6チームが戦うプレーオフで日本一を決めるものです。
新聞報道では「決勝トーナメント」と表記されることが多いです。そっちのほうが分かりやすい
からでしょうね。
   12月19日(月)に東京ドームのナイターで決勝戦「JAPAN X BOWL」が行われます。
その勝者が社会人日本一として、年明け1月3日(火)、「RICE BOWL」で学生の日本一と
対戦します。それにて日本のフットボールシーズンは幕を閉じるのです。
  大学生、社会人フットボーラーにとって、練習で忙しい年末年始こそが幸せなわけです。
さて今シーズン、忙しく年を越す2チームは果たしてどこなのか!? 
  
  そして、ちょっとお知らせです。
すでにお気づきの方もいらっしゃいましたが、CS放送局 スポーツアイ・ESPN のスポーツ
ドキュメンタリー番組 「Movin'you Honda」 次回放送分に僕が出ます。
 初回放送が11月18日(金)で、再放送は何度もあるようです。チーム練習やトレーニング、
仕事場や自宅にもスタッフの方が取材撮影に来てくださいました。4月にフジテレビ 「EZ!TV」
で放送されたドキュメンタリーとはまた違ったものになってると思います。よかったら見てみて
くださいね。
 それから、もうひとつドキュメンタリー番組があります。これはCS放送と、インターネット配信で
放映されるものです。こちらも詳細が分かったらまたご報告します。
 
 P.S. そういえば、フリーペーパー「R25」にも、いま出ています。

  
[PR]
by h_arima3 | 2005-11-08 23:58 | Football総合
以前の記事
2013年 09月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム