ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
   『通路側のE席』 ③

 しばらくすると、13号車にワゴンサービスがやってきた。私は品川駅で買ったコーヒーを先に
飲んでいたが、惣菜(豆腐つくねと銀鱈)と冷め始めたピザにはまだ手をつけていない。
 
 そういえばさっき乗務員が切符の確認をしに来たときにチラリと見えたのだが、隣の男の乗車
券には確かに「10番D席」とあった。くどいようだが、私の乗車券が「10番E席」である。くどいよ
うだが間違いない。おそらく彼には、窓側も通路側も関係なく「先に乗っていた方が奥(窓側)に
座ればいいじゃん。」という概念があるのだろうか。
 このまま私が通路側に座っても何の問題もないのだが、気付いているのならば、ちょっと一言
あってもいいかなと思っていただけだ。それとなく訊いてみてもいいのだが、彼の言語を話せな
い私にはそれを上手い塩梅で問う手立てがない。日本語で?いや、さっきの「シモハンキ」を考
えると無理だろう。しかも、ネパール人の持つ感覚というものをイメージすることもできない。
 
 少しずつ我々の席に近づいてくるワゴンを横目で見ながら、私は中腰になってズボンのポケッ
トにある小銭を探り、惣菜とピザのためのお茶を買う準備をしていた。
 「アナタ、ナニ飲ム?」私の右肩を叩きながら彼が言う。なかなかの強さが肩に響いたので少
し驚きながら、「僕はお茶を買います。」と小さい声で答えた。
 「オサケは?ワタシ飲ムケド。」「あ、これから仕事なので。」(ほんの一瞬だけ「じゃ、ビール。」
って言いそうになった。) すると、「ソウデスカ。」と言いながら彼はウイスキー水割セット(小瓶
とカップと氷)を買い、私のテーブルにはペットボトルのお茶を置いた。 代金を払おうとすると、
「アナタ飲マナイで、ワタシ飲ムはダメネ。」と言って私を制止した。
 
 そうしてご馳走してもらったお茶で、私はササッと食事を済ませた。攻めの姿勢で温めた品川
駅のピザは、まだ辛うじて冷めきっていなかった。
 「ナゴヤは南デスカ?」「んー、西です。」 そんなぎこちない会話もしながら、のぞみ117号は
静岡県内に入る。天気が良く空気も澄んでいたのか、窓からの景色は遠くまでくっきりと見渡せ
る気持ちのいい日だ。私は少々眠気を感じていたので、席をリクラインして(身体は少々左に傾
いたままだが)ボーっとしていた。
 だんだんと眠りに近づいたころ、「フジサンは雪デスカ?」 質問が飛び込んできた。
「あ、はい、今は、たぶん、雪です。」つられて片言気味になってしまうのは何故なんだろう。
 「ワタシ、ミタコトナイデス。」という彼に、今日はいい天気だからキレイに見えると説明しようか
どうか考えているうちに、浅い眠りに入ってしまった。
 
 16号車でターンしてきたのか、早々にワゴンが戻ってきた。
「ナニ飲ム?」その声が再び右肩で響く。また奢ってくれるというが、さっきのお茶が残っていた
ので断った。すでに水割を飲み干していた彼は、今度はチューハイの缶をおいしそうに握る。
これが仕事の帰りならば・・・。そう思いつつ、私は少し彼のことを尊敬し始めた。
 同じ空間にいる人を差し置いて自分だけが酒を飲むことに対して、これほどまでの気遣いがで
きる。それも他人の私に。ネパールという国の風景が、ちょっとだけ浮かんだ気がした。 
 そろそろ「フジサン」が見え始める頃だろうか。下り列車の場合は右側の車窓に登場してくる。
彼のいるE席がちょうど良い。 
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-29 20:10 | Football総合
   SUPER BOWL in South Florida
  
   NFL スーパーボウル(No.1決定戦)が近づいてきました。
   キックオフは日本時間2月5日(月)朝8時30分。[現地フロリダは4日(日)]
   
   守備力のシカゴ・ベアーズvs攻撃力のインディアナポリス・コルツという興味深い構図に
   なりました。予想は相変わらず難しい・・・・!
d0003671_20302412.jpg Yahoo!スポーツでスーパーボウル特集がスタート。
そのなかで、両チームのクォーターバックを紹介する
記事
を書かせていただきましたので、是非ご一読くだ
さいますと幸いです。
 
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-26 20:22 | Football総合
   『通路側のE席』 ②

  そこで私はもう一度、スーツのポケットに入った乗車券を確認する。
 乗車券には 「13号車 10番 E席」とある。DとE、二つ並んだ席の窓側がE席である。

  何度か見直したが間違いなかった。「10番 E席」には、既に東京駅から乗ったであろう男性
 が、どっかりと座っている。ポッコリ膨らんだお腹、左右に広げた両足。席の間の肘掛けには、
 わき腹の肉がはみ出してのっかり、私の肘の行き場など微塵もない。
  とりあえずバッグを足元に置き、通路側のD席に座ってみる。シートにもたれるためには、私
 の身体は左に30度ほど傾くことになる。
  真っ直ぐな姿勢で寝て、目が覚めたときに後頭部が絶壁状態になっているのも脅威だが、 
 上体を傾けたままで新大阪までの2時間28分を過ごすことはこの上ない忍苦だ。
  
  「アナタ、ドコマデ行く?」 男性が口を開いた。定かではないが、たぶんアジア人だ。
 「新大阪までです。」 「シンオオサカ、同じネ。ワタシ、クウコウまで行きマス。」
  少し聞くと、母国から子供が会いに来るので関西国際空港まで迎えに行くという。 子供とは
 久しぶりに会うのかと問うと、「ソウネ、ダイタイ、シモハンキぶりネ。」 おそらく、言葉の意味を
 微妙に間違って覚えたのだろうが、会うのは半年ぶりなのだろう。
  「国はどこですか?」と訊ねると、「アァ、ネパール。チョモランマ、エベレストのコトネ。高さは
 8848メートルデス。」 このセリフはいつもワンセットなのだろう。余談だが、エベレストはネパ
 ール名でサガルマーターというらしい。
  やがて男性の携帯電話が音を立てて鳴る。何語を喋っているのかさえ全く分からなかった 
 が、話の節々に「ナゴヤ」や「オオサカ」という単語が聞き取れた。3列ほど前の席に座ってい
 るビジネスマン風の乗客は、乗車券を確認して回る乗務員に「お席での通話は・・・。」と注意を
 受けていたが、隣の男は何も言われることなく、話を続けていた。
  この男を通路側に移動させたとしても、状況が何も変わらないことは明白だったので、私は
 そのままD席に座ることにした。新大阪駅までは、まだまだ2時間15分以上ある。
   
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-24 19:48 | Football総合
   『通路側のE席』 ①
  
    9時34分に品川駅を発つ のぞみ117号。
  乗車券には 「13号車 10番 E席」とある。DとE、二つ並んだ席の窓側がE席である。
  
   JR山手線で品川駅に到着したのは9時25分。ホームからの階段を駆け上がる。南側には
  京浜急行の乗換え口。反対側が東海道新幹線の乗り口となっている。 新幹線のホームを
  目指すと、左手に「ecute品川」が見えてくる。いわゆるエキナカである。出発までの僅かな
  時間での朝ごはん調達を試みる。9時26分。
   ecuteは小規模店舗の集合体、「デパ地下」のような雰囲気だ。 売店で弁当やサンドイッチを
  購入という選択肢に比べると、はるかにon demandな買い物ができる。まずは入口近くの
  焙煎コーヒーショップにて、淹れたてをテイクアウトで一杯。9時28分。
   奥に見えたピザ屋へ行き、最初に目についたシンプルなピザを1cut 注文する。「こちらは
  温めますか?」と訊ねられた。早めに新幹線のホームに向かいたいという気持ちは一瞬にし
  て温かいピザに負ける。 「はい、お願いします。」 攻めの姿勢は大事。9時29分。
   ピザ屋の向かい側にある魚類惣菜のショーケースが目に飛び込んでくる。「豆腐つくねと
  銀鱈の西京焼きをください。」 9時31分。おつりを待つあいだに振り向くと、私のピザはまだ
  レンジの中にある。
   ぬるいピザでも仕方ないと思い始めた瞬間、ピーッと音が鳴り、アツアツになったであろう
  ピザが箱に入った。9時32分。 走ることになった。
   改札口を抜け、少々長い階段を下ると、のぞみ117号は既にドアを開けて待っていた。
  プルルルと甲高く響くベルの音を聞きながら13号車のドアを目指した。両脚に乳酸が着々と
  溜まってくるの感じつつ、ベルが鳴り終わったので11号車のドアから乗車。
   これが夏だったら、間違いなく汗ダク状態だ。出張用のバッグを両手でお腹の前に持ち、
  攻めの姿勢で調達した朝食は、ビニール袋に入って右手の小指にぶら下がる。12号車を通
  り抜けて自動扉が開くと、ようやく「13号車 10番 E席」が見えてきた。
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-21 23:01 | Football総合
    3倍になってました。
  
  1992年、中学のバスケットボール部の練習が終わると、僕は息を切らして猛ダッシュして
 家に帰る。家からはチャリンコを飛ばして最寄り駅へ。走って駅の階段を駆け上がり、電車に
 飛び乗る。夕方の6時半を過ぎる頃だろうか。
  行き先は阪神甲子園球場。甲子園の駅から猛ダッシュ、何とか7時半ごろにはライトスタンド
 に到着する。ゲームは6時開始、大体いつも3回の裏か4回の表あたりである。先に着いてい
 る友達が試合経過を教えてくれる。
  照明塔に照らされ、キラキラと輝く外野の芝。ライトのポジションにはこの男の背中があった。
d0003671_19462152.jpg  背番号00.亀山 努である。
忘れられない飛躍の92年。それまで最下位が指定席
だった阪神タイガースは優勝争いに加わる。
 2年連続2軍の首位打者となった亀山は、背番号を
67から00に変え、一気にチームの牽引車になる。
 守備では迷うことなく頭からボールに飛び込んでいき
攻撃では常に次の塁を目指してヘッドスライディングを
見せた。新庄やオマリー、パチョレックらが打線の軸を
担い、亀山のガッツに引っ張られるようにしてチームが
大変貌を遂げたのである。
 優勝こそ逃したが、虎ファンは完全に活気を取り戻し
タイガースの話題が街中を染めた。
 
  常に着用していたスポーツ用に縁無しメガネは大流行し、ユニフォームのパンツの裾を膝の
 高さまで上げるスタイルが野球少年のあいだで流行る。
  亀山熱は上昇するばかりだった。しかし、観客をうならせるハッスルプレーが災いし、翌年か
 らの亀山は大怪我との戦いを続けることになる。右肩の脱臼、腰椎の骨折。 それらが亀山の
 持ち味を次第に奪っていった。
d0003671_20165880.jpg  
  97年、タイガースは亀山に戦力外通告。
 ファンは涙を流して、チームに対する抗議
 活動を行った。 引退試合、亀山は最後の
 打席でも一塁に向けヘッドスライディング。
  翌日のスポーツ紙ではその写真が一面
 を飾る。「涙。最後のヘッドスライディング」
  その新聞は今でも僕の家に大切に保管
 してある。あの楽しい思いは忘れない。

  そんな亀山さんがパーソナリティをつと
 めるラジオ番組(大阪・毎日放送)に先日
 呼んでいただきました。
  初めてお会いさせていただく機会だった 
 のでワクワクしながらスタジオへ。当時の思いをお伝えすることもでき、相当嬉しかったです。
  楽しくトークも進めていただいて、最後に記念撮影まで!亀山さん、3倍ぐらいにフクヨカに
 なっていらっしゃいました。
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-16 20:40 | Football総合
   リニューアル、してみました。
  
   当ブログにお越しいただいている皆様、平素より多大なるお引き立てをいただき
  ありがとうございます。まもなく、スタートから丸2年を迎えようとしています。
   今回が184度目の更新、これまでたくさんの方々にパワーをいただいて参りました。
  このたび、デザインのリニューアルを敢行いたしました。いくつかのアドバイスを受け、
  色味を明るめにして、前向きなイメージで作ってもらいました。

  まぁ、基本、僕自身は何も変わりません(^^)v 今後とも宜しくお願い申し上げます。 

   アメフトクリニックの動画(NFL JAPAN WEB内)コーナーは先月の末から、僕自身の
  ポジションであるクォーターバック(QB)の特集に入っています。 ちゃんとパスを投げて
  いる動画とかもありますので、よかったら覗いてみて下さい。 そこに登場する日本大学
  アメリカンフットボール部の現役選手のナイスな動きにもご注目!
  閲覧ページはコチラ http://www.nfljapan.co.jp/fan/anime/footballclinic01.html
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-12 14:00 | Football総合
    でかっっ!!
  
   基本的に乗り物酔いをしやすい体質です。
 長いあいだ乗り物に乗っているのは、なかなか辛いものです。(特に船ですね)
  なんかちょっと胃が気持ち悪くなるっていうか。。。新幹線は揺れないので大丈夫ですが。
 あと、タクシーのドライバーさんが荒い運転をすると、タクシー独特の匂いも手伝って非常に
 キモチ悪くなりやすいですね。(急ブレーキ気味、急発進気味な感じの時ですね)
 
  海の向こう、NFL では勝ち残った12チームによるプレイオフがスタートしました。
 d0003671_1723184.jpg僅差のゲームが多く、非常に盛り上がっています。
 やはり、トップアスリートたちの気合が満点に
なるプレイオフは見ていて面白いですよね。
 右の写真は2005年のNFL開幕前のもの。
トレーニングキャンプ地を見学のために訪れて
フィラデルフィア・イーグルス 93番、ジェボン・
カース
選手
と手の大きさ比べをしたのですが、
もの凄い差ですよね。彼は191cm・121kg。
それで僕よりも速く走ります。えらいこっちゃ。
まぁ、そんな選手ばっかりが戦っているわけで
すね、NFLでは。
 カース選手は残念ながら膝の怪我でプレー
できない状態ですが、イーグルスはプレイオフ
1回戦を突破し、勢いに乗っているところです。
 視聴機会のある方は是非ご注目を!!
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-09 00:15 | Football総合
    さて、新年。
  
d0003671_131455.jpg   明けましておめでとうございます。
  3日の東京ドームではライスボウル(日本選手権・法政大学vsオンワードスカイラークス)を
 観てまいりました。30対29という大接戦でした。やっぱりプレーしたかったなぁと思いました。
 国内のフットボールシーズンはこれにて終了。次のシーズンに向け、よーいドンですね。  
  そして、いよいよアメリカンフットボールのW杯イヤーがやってきました。
 ぜひ、一人でも多く、アメリカンフットボールを思う気持ちを結集して、日本のフットボール界に
 とって良い結果が残るようにしたいですね。 僕もユニフォームを着られるように頑張りたいと
 思います。  
d0003671_1172188.jpg 
  ようやく、初詣に行って参りました。
 初めて明治神宮へ行きました。黄色い照明と空の色とが異様な雰囲気を
 醸し出していました。 あまり画質の良くない僕の携帯カメラでもお分かり
 になれると思います。
  たくさんパスを通すことができるようにと願い、右・左・真ん中と多方向に
 お賽銭を投げ分けておきました。
  では、今年もどうそ宜しくお願い申し上げます!!
[PR]
by h_arima3 | 2007-01-05 23:59 | Football総合
以前の記事
2013年 09月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム