ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
      願わくば...
d0003671_1574899.jpg

   MERRY CHRISTMAS!!

   and

   A Happy New Year...

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-24 23:59 | Football総合
    サブより。
   東京ドームで行われた「JAPAN X BOWL(ジャパンエックスボウル)」も終わり、社会人リーグ
  の日本一も決定しました。国歌斉唱が槇原敬之さんだとは知らず、驚きました・・・。
   よって、お正月(1月3日)恒例の日本選手権ライスボウルの組み合わせは、
     ◆関西学院大学ファイターズ  vs  松下電工インパルス
  ということになりました。前回は法政大学とオンワードスカイラークスが対戦して、1点差の
  激戦になりましたが、果たしてどんな試合になるのか・・・。

d0003671_20173875.jpg  海の向こうアメリカもシーズン佳境で、
おおいに盛り上がっております。 
CS放送のGAORAと日テレG+で試合
中継の実況を担当させていただいていま
すが、大雪の試合もあって大変です☆
写真はGAORAスタジオの「サブ」。
サブとは副調整室のことで、、、
[副調整室には演出面での最高責任者
であるディレクターや、技術的作業の責
任者であるテクニカルディレクターが詰
めます。音響効果や時間管理などのス
タッフも慌ただしく作業します]    
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-18 20:07 | Football総合
     凄いもの、観てきました。
     言葉でどう表現すればいいか。。。

    きっと無理です。とんでもなく途轍もない激闘でした。
   両チームの気持ちがいっぱいに詰まったゲームでした。
   
   関西学院大学FIGHTERS  41 - 38  日本大学PHOENIX

d0003671_20344399.jpg  長居に集まった3万2千人超の人々は、巨額を投じても
買えない宝物を得られたと思います。おめでとうございます。
 関学・日大の18年ぶりの真剣勝負。選手たちの背中には
歴史を築いてきた多くの人々が積み重ねてきた思いが乗っ
かっていたように見えました。両雄とも、持てる力を出し切っ
て勝負してくれました。
 よくもまぁ、あんなに凄い試合、最後まで集中力を途切れ
させることなく闘い抜けるもんです。 

d0003671_203559.jpg  感心しきりですよ。
逆転が5回。もう、作戦だとか組織力だとかという要素を
卓越した世界でのぶつかり合いでした。
 会場にお出向きになれなかった方も、ぜひTVで!
 
 死ぬ前に思い出す一戦になるでしょう。 目の前で見る
ことのできた人間として、心より「ありがとう」とお礼を言い
たいです。
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-16 20:20 | Football総合
    12・16
    西へ向かいましょう。

    絶対に観ておいたほうがいい、価値ある対戦。
   今年はただの東西大学王座決定戦ではありません。
   12月16日、13時 大阪長居スタジアムで行われる「第62回・毎日甲子園ボウル」
   甲子園球場の改修工事に伴い、会場は長居に移されましたが、実に17年の空白を
   埋めるべく、日本大学PHOENIXが“甲子園”に帰ってきます。
  
     関西学院大学FIGHTERS  vs  日本大学PHOENIX

   これまで、もっとも多く甲子園の地を踏み、もっとも多く勝ってきた両チームの対戦です。
   18年ぶりの顔合わせ。関学の鳥内監督は、現役選手時代の1978~81年、甲子園で
   4度にわたって日大に敗れました。今回、関学が日大に勝ったとすれば、1977年以来
   30年ぶりになります。
   伝統の「青と赤」の勝負。勝ったほうが甲子園ボウル勝利数単独TOP(19勝目)に立ち
   ます。今年の「甲子園ボウルin NAGAI」 は積年思いを積んだ、大勝負になるのです!

   と言っても、今年は今年。
   現役の選手は自分のプレイを全うして、実力を充分に発揮して頑張って欲しいですね。

   甲子園ボウル公式サイトはこちら。(TV放送予定など情報満載です)
   ⇒ http://www.koshienbowl.jp/       
  
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-13 19:56 | Football総合
    ふた駅。
    寒いので、ちょっと心温まるお話をひとつ。

   地下鉄に乗っていたときのこと。暦は祝日。夕方。
  
   乗っていた車両の座席は埋まっていて、座っている人と同じくらいの数の乗客たちが揺ら
  れながら立っていた。 私が目指す終着駅までの道のりは、あと8つほどの駅を経る。
   開閉を繰り返すドアの近くで吊り革を握った眼下に、大きなスポーツバッグを抱えた高校生
  が今にも眠りそうな表情で腰かけている。両腕の影で全ては見えないが、バッグには校名が
  記されている。
   次の駅、消費者金融の広告の下でドアが開く。百貨店の大きな紙袋を両手に持った女性
  がホームと車両の間隙をゆっくりと踏み越えてきた。孫への土産でも買い込んだのだろうか
  紙袋はなかなか重そうだ。
   ドアが閉まりかけた瞬間、高校生が勢いよく立ちあがった。焦ってホームに駆け出してゆく
  のだろうと思い、即座に私は体をよけ、走路を作ってみた。 が、その必要はなかった。
   「どうぞ、座って下さい。」 抱えていたスポーツバッグを素早く肩に掛けながら、日焼けした
  笑顔が言う。
   「いえいえ、お疲れでしょう。ふた駅先ですぐに降りますから。」 左右の紙袋の底面は床に
  落ちているが、張りのある声が答えた。
   しばらくの間、一人分の席が空くことになった。その30秒ほどが、長く感じた。
  
   「ホント、ご遠慮なく、僕は平気なんで。」 白い歯をこぼしながら、スポーツバッグは大股で
  隣の車両のさらにその先へと消えていった。

   すぐには座らなかった。申し訳なさそうに、少し恥ずかしそうな微笑が周囲を見渡す。
  さぁ、お座り下さい。そんな空気が休日の車内に漂った。ふた駅で降りるにしろ座ったほうが
  よさそうだ。車窓から陽の光が射しこむことはあり得ないが、あたたかく柔らかいそよ風さえ
  感じられそうだった。

   次の次の駅。列車がホームに入る。ほとんど人影がない。3人ほどいただろうか。
  毎週2日ほど眠るビジネス街の直下にある駅だ。吊り革を握った眼下から、ふたつの紙袋が
  細く白い手指とともに自動扉へ向かうことはなかった。たしかに、この駅のホームに膨らんだ
  百貨店の紙袋は似合わない。
   そのままドアは何度も開閉を繰り返していった。大きな二つの紙袋が再び車両とホームの
  間隙をゆっくりと踏み越えたのは、終点のひとつ手前の駅だった。  
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-09 19:58 | Football総合
    3 BIG GAMES of 2007
    2007シーズン、国内フットボールも大詰め。
   12月後半はBIG GAMEの連続。東西決戦による日本一決定3連発です。
   接戦を勝ち抜いてきた者同士のぶつかり合い。激戦必至です。
  
   ●12月16日(日) 13時 @大阪長居スタジアム 
    「東西大学王座決定戦・毎日甲子園ボウル」
   関西学院大学ファイターズ vs 日本大学フェニックス 
   ※MBS・TBS系列全国ネットおよびCS放送GAORAにて放映 
  
   ●12月17日(月) 19時 @東京ドーム
    「JAPAN X BOWL」 社会人日本一決定戦
   富士通フロンティアーズ vs 松下電工インパルス 
   ※関西テレビ(KTV)およびCS放送スカイA・sports+にて放映
  
   ●12月23日(日) 12時 @東京・味の素スタジアム
    「全国高校選手権決勝・クリスマスボウル」
   早稲田大学高等学院 vs 大阪産業大学付属高校  
   ※CS放送スカイA・sports+にて放映  

    甲子園ボウルは球場改修のため長居スタジアムで開催。17年間の深い眠りから覚め、
   不死鳥!日大フェニックスが帰ってきます。日本アメフト史、伝統のライバル対決復活!
    戦力拮抗でデッドヒートになった社会人 X リーグ。
   頂上決戦はスピードとパワー共に申し分ない両チームの対戦。ハイレベルなゲームです。
    クリスマスボウルは、久々の登場となる東京の伝統校・早大学院と大阪の雄・大産大附
   という顔合わせ。西高東低だった構図を2年連続で覆した関東勢が「東の時代」を築くか!?
    
    戦いの模様は、現地で観戦(防寒をお忘れなく)もしくはテレビでチェックしてくださいね。
   楽しんでいただけると思います。僕は全部行きます。      
[PR]
by h_arima3 | 2007-12-04 22:14 | Football総合
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム