ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
sw0503.exblog.jp ブログトップ
<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
    「新」
d0003671_550503.jpg 2009年の漢字は「新」に決まりましたね。
  (ちょっと古い話で、スイマセン)
もっと暗めの文字(たとえば2007年の「偽」みたいに)が
選ばれるかと思ってもいましたが、意外と前向きな意味を
持つ文字になってよかったですね。
オバマ新大統領・鳩山新総理・ウサイン=ボルトの新記録
などなどあったわけです。
 
 この食べ物、パッと見は何だか分からないでしょう??
琥珀色に輝くのは「ゆでたまご(板東さん風に)」です。
こりゃ、なかなかの逸品でしたよ。しかもモノスゴク安価!
某有名居酒屋チェーンの「白O屋」さんのメニューです。

d0003671_5591441.jpg   
   では、またひとり2009頑張ったルーキー選手を
 紹介します。チーム最年少選手の“バイリン(愛称)”。
 背番号84です(写真左)。 21歳の彼はアメフト歴が
 実質3年目、伸び盛り極まりなき男。今年一番伸びた
 選手だったと思います。まだまだ伸びそうです。
 春先にチームに入ってきた彼は、外国語大学出身だと
 いうだけで「お前、バイリンガルだ!!」と先輩に騒ぎ立て
 られ、NICK NAMEが「バイリン」になり即座に浸透。
 本名が覚えられる前に、完全に「バイリン」が定着。
 しかし、バイリンの由来を知らない者が殆どで、彼の
 苗字が「梅林」だから“バイリン”であるというデマまで
 流れる(流したのは僕かも・・・)。
 バイリンの本名は、大庭光平(おおば・こうへい)。ルーキーながらBIG PLAYメイカーとして活躍し、
 リーグ3戦目にはチーム内MVPも受賞しました。私のアメフト歴は15年ですが、彼はわずか3年で
 このレベルまで来ているのだから、この上昇率で急速に上を目指してもらいたいものです。若いっ!
 これほど世代が離れていてもチームメイトとして共に戦えるのは、なんだかJOYFULなことです。
 ※大庭選手はバイリンガルではありません。
[PR]
by h_arima3 | 2009-12-27 06:37 | Football総合
   甲子園で。
   毎度、ブログをお引き立ていただきまして、有難うございます。
  2009年も残すところ2週間。なんだか足早に日々が過ぎていった気がします。
  
  先日の甲子園ボウル(アメリカンフットボール大学日本一決定戦)では、関西大学が1948年以来の
  優勝。61年の時を経て、甲子園の地に帰ってきた関大が、王者に輝きました。
  永きにわたる時間をかけての「古豪の大復活」にスタジアムは沸きました。翌日の関西圏のスポーツ
  新聞も一面カラーで取り上げて、関大への賛辞を送っていました。NHK放送席の解説として“観戦”
  させていただきましたが、目の前で繰り広げられる事実に時折茫然と見入ってしまいそうでした。
   下馬評では法政大学有利とされたなか、関大の選手たちは終始笑顔を絶やさず楽しそうに戦い抜き、
  多くの驚きと感動を与えてくれました。スポーツニッポンの記事にも書かせていただきましたが、最後まで
  高い集中力を切らさなかったこと、チーム一丸となった結束力の持続が関大の勝因だったと思います。
  戦術的にも精神的にもしっかりと準備をしたうえで、試合を楽しむという姿には尊敬の念をいだかずには
  いられません。今後にも大いに期待を持てる優勝劇でしたね。
d0003671_23362237.jpg
  さて、試合前の甲子園でこんな写真を撮ることができました。左は私の恩師でもある関西学院大学・鳥内秀晃監督。そして右はチャック・ミルズ氏!大学年間最優秀選手賞の「ミルズ杯」、その名の主でいらっしゃいます。賞の授与のため久しぶりに日本を訪れて来られていたのです。1999年に賞をいただいた際にもお会いしていたので甲子園でお会いするのは10年ぶりとなりました。ミルズ氏は1971年にユタ州立大学のヘッドコーチとして初来日され、その後長らく日本のフットボール発展に多大な注力をくださった御方です。今回の甲子園ご来訪を私は先知しておらず、グラウンドでお見かけするや心躍りました。
[PR]
by h_arima3 | 2009-12-16 23:37 | Football総合
    対談してきました。
d0003671_415695.jpgd0003671_3102149.jpg 先日、埼玉県の川口オート
レース場へ行ってきました。
はじめてのオートレース場
訪問にワクワクしながら。
レース場の情報誌上にて、
わたくしと川口所属のスター
青木治親選手の対談企画。
その撮影に行ってきました。
左の写真は誌面の一部。。
今までにない感じのSHOT
撮っていただけました。
右の写真、ボケ気味で、、、
すいません。向かって右が
青木治親選手です。めちゃめちゃナイスガイでした!
左側は作家(ライター)の会津泰成さん。素晴らしい対談記事を
書いていただき、ホント嬉しいです。有難うございます。
発行のタイミングが分かったら、またお知らせしますね。
  
  さて、13日(日)はアメリカンフットボール大学日本一が決まる「第64回・甲子園ボウル」
  阪神甲子園球場にて、13時キックオフです。NHK-BS1で完全生中継されます。
  関西大学 VS 法政大学。どんな試合になるか、、、読めません!わたくし、頑張って解説
  してみますので、会場に行かれない方は是非、NHK-BS1で見てくださいね。
[PR]
by h_arima3 | 2009-12-12 23:58 | Football総合
    背中で語れ!!
d0003671_19212233.jpg
 背中語れ!!
とは、よく言ったもので、
背中がしっかりしているアスリートはボディーコントロールが
安定していて、非常に良い活躍をします。

 さて、誰の背中でしょうか。
チャレンジャーズ練習グラウンドのロッカールームにて。
いかにも、よく鍛えられた背中であります。
 これは、2009シーズン大活躍してくれたルーキー、
WR(ワイドレシーバー・攻撃チームにてパスをキャッチする
ポジション)背番号11、田原 樹(たはら いっき)選手です。
先日このブログでもご紹介した、愛称トシちゃんですね。
 よし、負けじと背中鍛えるぞ!!

 
   さて皆様、前回の更新におきましてはたくさんのコメントを頂戴いたしまして、
  ありがとうございます。御祝福のメッセージいただきまして非常に光栄にございます。
  一段と成長し、今後も研鑽してまいります所存です。宜しくお願い申し上げます。 

  ◇ご質問をいただいておりましたので、お答えしたいと思います。
  tmyooaさんからのコメントです。
 今、中二でフラッグフットボールを、やっているのですが、高校でのアメフトに備えてヘビーボールを
 買おうとしているのですが、あれって、肩を壊したりとかそういうことは、ありませんか?
 教えてもらえませんか?

  
  -では、お答えします。
  通常よりも重たいボールを投げることでトレーニング効果が期待できるかということですが、
  私自身、実践したことが一度もないので言い切ることはできないのが前提になってしまいますが、
  個人的には他の手段でトレーニングをしたほうが良いと思ってきました。
  たとえば、野球選手がバットに重りをつけた状態で素振りをすることがありますが、それも行う人と
  行わない人に分かれます。
  私の場合、肩周りを鍛えるのにはウェイトトレーニングやチューブトレーニングを採用しています。
  もちろんヘビーボールでの練習も、効果は得られると思います。あまり無理をすると肩関節周辺の
  小さな筋肉を潰してしまうことになる危険性もあります(デリケートで治りにくい部分ですので)から、
  行う場合はゆっくりと、疲れを感じない程度から始められるのが得策かと思われます。
  中学生でいらっしゃるということですから、まだまだ体格が変わってゆきますし、身体的な成長の
  スピードも速い時期です。まずは自重(自然な負荷)に対するトレーニングを重視されるべきかなと
  考えております。不十分なお答えで申し訳ありません。何卒ご容赦くださいませ。
[PR]
by h_arima3 | 2009-12-07 19:33 | Football総合
    トシノセ。
d0003671_041989.jpg
12月に試合ができないのは残念ですが、
来シーズンに向けての準備をできる期間が
長くなったと捉え、トレーニング開始しています。
 
  写真は先日のチーム全体での「2009、
お疲れさん会」にて、新人選手(背番号41)
愛称ヒガシ君こと中東君との一枚。
来年は今年の何倍もの大活躍をしてくれるん
だそうです(^o^)
d0003671_0534410.jpg
 スタッフ、コーチ、選手、互いにビールを注ぎあいながら、 シーズンを振り返り「お疲れ様」、来シーズンに向けて「上を目指して頑張るぞ!!」という具合でございました。
 あらためまして、今シーズンは多大なるご声援をいただき、本当に有難うございました。チーム皆で「決起」して、2010シーズンに向かいます。

    2009年・最終月。良い締めくくりができるよう、
  仕事にもトレーニングにも、気を引き締めて取り組んでいきたいと思います。
  年が明けて、2月には結婚式が控えています。妻と一緒に着々と順調に??準備を進めています。
  これまでは、呼んでいただく立場ばかりでしたけど、ご招待をさせていただく側に立つと、いろいろなことに
  気が付き、皆さんへの感謝の気持ちが大きくなりますね。
[PR]
by h_arima3 | 2009-12-01 23:58 | Football総合
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映像業界のお助けサイト
「クイックオーダー」


ENTACL GRAPHICXXX

Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム